【好きなもの】ThinkPad

自分はThinkPadが好きだ。というか、もはやこれしか使えないといって差し支えない。

 

※楠木教授もThinkPadの記事に出るぐらい好きなようだが、特に意識しているわけではないです…偶然です。

special.nikkeibp.co.jp

 

自らのThinkPad好きを話す前に、簡単に自分のPC遍歴を振り返ってみよう。

 

私が最初にPCを触ったのは高校生(中学生だったかも…)の頃ぐらいに親が買ってきたFM-Vだったと思う。その頃は、まだインターネットをやるにしてもダイヤルアップ回線でやっていて大したページは見られなかった。2ちゃんねるも根暗な人間の巣窟(すくつ)ぐらいにしか思われてなかったし、インターネットそのものがアンダーグラウンドな文化の一部でしかなかったと思う。

 

しばらくすると、FM-Vが古くなってきたので、安いソーテック(知らないと思いますが…)のPCへ買い替え。2,3年して、私が大学に入学した後、入学祝いに自分用のデスクトップとして、VAIOの紫色の洒落たやつを買った。大学4年間は何とかそのVAIOで乗り切り、社会人になったら東芝ダイナブックを買った。振り返ると割とミーハーな気がする。

その後、しばらくして転職して某監査法人に入所するのだが、そこで出会ったのがThinkPadだ。監査法人は基本的にクライアント先に往査して仕事をするのが通常なので、ラップトップは必須の仕事道具である。

 

初めて触ったThinkPadは確かX220という法人向けのシリーズの当時の最新機種だったと思う。最初の感想は、まー使いづらいという印象だった。使いづらさの原因は、なんと言ってもキーボード中央部にある乳首みたいなトラックポイント。このマウスとは全く異なった感触のトラックポイントの操作にかなりストレスを感じた。触ったことのある人なら分かると思うのだけれど、こう、マウスとは違う「ちから加減」が必要なんだよね。

が。

が、である。このトラックポイント、慣れると非常に使いやすい!

 

ポインタのスピードを上げてもマウスのように滑りすぎず、絶妙の位置にポインターを置くことができるし、キーボードの中心部に位置することから、キーボードを叩きながらも非常にスムーズにトラックポイントに移行することができる。マウスを持ち運ぶ必要もないし、そのスペースもいらない、効率的で使い勝手のいいデバイス。。。もはやマウスなんか使ってられません!(※まあ、他のファームも同様だと思いますが、そもそもマウスやらを使わずショートカットを駆使するのが、出来るスタッフの条件だったりするのだけれど…)

 

しかも、Xシリーズはキーボードも大き目で叩きやすく(今は割と小さくなったが…)、ボディは丈夫に作られており、HDも容量が大きく、仕事道具としての機能美を十二分に備えている。Apple製品のようなデザイン的な美しさには欠けるが、ブラックカラーでかつマットなボディは、職人的な仕事道具(スプレッドシートこねるのが大半ですが…)としての良い意味での武骨さを感じさせる仕上がり。

 

このブログも最新マシンであるX1 Carbonで書いているのだけれど、快調そのものであり、何時でも持っていたい相棒って感じのPCです!

www3.lenovo.com